公益資本主義起業家を応援する ビジネスマッチンググループ シンクロプラス

貴社(あなた)の存在に、価値を創造することが、私の使命です。

MV2

HOME ≫ プロフィール ≫

自己紹介・お客様の声

Synchroplus 代表
友野秀樹

0000019589.jpg

1960年 奄美大島生まれ 専修大学経済学部卒 

新規ビジネスを世に出すために、ベンチャー企業での経験を基にした、常識の枠を超えた”アイデア”と独自の”ひらめき”で、人を結びつけることで、新しい価値を創造するシンクロマスター。 株式会社メルコホールディングスの黎明期(30名)~東証一部上場へ急成長する過程で東京、大阪、名古屋支店での拠点長を歴任。

ライバルメーカーとの競争が激化する中、お互いをつぶしあう、勝ち負けの世界に疑問を感じる。

互いの身体を借りて稽古し、強くなれば多くの人を守ることができる、武道(合気道、空手)経験から、ライバルと共に勝つ(Win&Win)の仕事をしたいと思い独立。 

「未来の常識を必要とする人へ届ける!」をテーマに、有限会社WinWinビジネスコーディネートを設立。 

顧客・自社・社会に貢献する三方良しの仕組み作りを目的として、シンクロマスターとして活動。 

独立後、2008年にレインボータウンFMラジオの出演をきっかけとして、自身のビジネス対談コーナーを持ち、価値ある商品・サービスを持つ多くの企業を紹介し、リスナーそして対談コーナーの出演者からは好評を得ている。 

2008年、音メディアのFM局に対し、ソーシャルメディア時代の到来を予測し、新しいメディア(ラジオ)の在り方を提案し、番組のプロデュースにも関わるようになってから派生した番組数は25番組以上になり、プロデュースした番組パーソナリティーは10人を超えた。

2012年9月~2015年8月まで豊島区倫理法人会第8代会長を務め、『この世のあらゆる物事は、それぞれ別の独立した個性ではなく、隠れた次元でひと繋がりで結ばれている』という「全一統体の原理」を学ぶ。 以前から自身に頻繁に起きていた『シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)現象』が原理に基ずくと気づき、ビジネスマッチングを自らシンクロを起こすことで、“価値ある商品・サービスを持っているのに、スポットライトが当たっていない企業を多くの人に広めること”がミッションと確信する。 2015年5月より、長年構想していたビジネスマッチング集団「SynchroPlaza(シンクロプラザ)」を組織し、その代表に就任。 

理念に賛同する、十数名のプロメンバーと共に、多くの企業に価値を提供する。 今後は、シンクロマスターとして、シンクロを使って自分の夢やプロジェクトを引き寄せる体験を共有しながら、誰でもがシンクロを使うことができるようにする為に講演活動にも力を注ぐ。

介護士 
永野 めぐみ 様

永野めぐみ
2014年 秋に、知人のアロマの先生が 豊島区倫理法人会モーニング
セミナーで講話するので、Facebookイベントに参加表明しました。

すると、当時 会長をされてた 友野さんより、ウエルカムメッセージを頂きました。
友野さんの 写真を見てビックリ!
なんと 14年前 私が入社した 株式会社メルコ(バッファロー)の元上司の方でした。 
そのことを友野さんにお伝えしたら、友野さんも驚いてました。   

その後、友野さんの セミナー 「人財を引き寄せるためのシンクロの起こし方!」に参加しました。 
      
その時、シンクロは偶然ではないと確信することができました。 

この1年、そして日々自分の成長に必要な出会いが起こるようになり
自分自身がバージョンアップしてることを実感しています。

 レインボータウンFM79.2
 編成局長  木下和則 様

レインボータウン

レインボータウンFMは、江東区を中心とした、魅せるラジオをコンセプトにしたコミュニティーFMです。 

2008年 友野さんが、番組「シンクロプラス」を始めた際に音メディアであるラジオに、「木場スタジオの明るく開放的なスタジオを見て映像を撮りたい!」と申し出がありました。

当時は、「ラジオになぜ映像?」と疑問でした。

そして、数年経ち疑問が解けました。

今では、急速にスマホやSNSの普及に伴い、他のラジオ番組でも、友野さんが企画した、ソーシャルメディアとFMをシンクロさせる

番組が10以上、出演者が、放送後、Facebookや、Youtubeで、放送を発信するようになり、地域FMである、レインボータウンFMの露出が

全国に拡がり、知名度もUPしました! 

これも元は、友野さんの既存の枠にはまらない発想のお陰ですね!     

スタジオで毎週のように起こる、友野さんの シンクロ(意味ある偶然の一致)体験を見聞きして、

最初は不思議だな~思っていましたが、シンクロは必然なんだ!と気づかされました。